ネコダイエット!太った猫を痩せさせるためのフードの選び方や運動

愛猫を肥満に陥らしてしまった飼い主が反省し、ダイエットを成功させようとエサについて調べてみた!ネコの体重減量させるためのキャットフードの選び方と運動。ねこが肥満になるとどんなリスクがあるのかなど。かわいい猫に長生きしてもらうためのブログ

飼いネコが太った原因を考える。7.6キロの巨猫になるまで②

6.8キロで、獣医師から肥満宣告を受けたモンちゃん。

 

①エサを減量用に

②モンちゃんの食事担当を、おおざっぱなモン母⇒マメなモン父へ

 

と切り替えることになり、ダイエットスタート。

 

 子ネコ用フードからダイエットフードへ

まずは、袋に書かれてあった分量を与える。

 

メーカーによると、6~7㎏の猫の場合、1日、120g~140gだそう。

カロリーの違いなのだろうが、今までに比べてものすごく量が多そうに見える。

 

モン父は心を鬼にし、1日のフード量を90gに。

 

数か月後、見た目に変化がないため、体重計にモンちゃんを乗せると、

 

「7㎏」

f:id:monkox:20180108185749j:plain

と、まさかの増量!!

 

そこから、フードの量も85g⇒80g⇒75gと段階的に減らしたのですが、体重は7㎏をキープしたまま、ワクチンの時期がやってきました。

 

動物病院へ行って、7㎏あるモンちゃんをみた獣医師とのやりとりです。

 

医「エサは1日何gですか?」

 

モ「75gです」

 

医「じゃぁ、65gにしてください」

 

モ「6、65gですか?」

 

医「はい」

 

モ「・・・わかりました・・・」

 

ただ、この時点でモンちゃんの食事量を減らすのは限界でした。

 

実は、動物病院へにかかるまえに、70gに挑戦したのですが、エサが終わっても、皿の前から動かず「エサが足らん」と、アピールします。

 

その後、鳴いてアピール。

 

テーブルの上のモノを落としてアピール。

 

どんどんアピールが多彩になってきて、しまいには、キッチンの換気扇や電気をつけたりとコンピューターキャットに変貌しました。

 

なんとか70gまでは

おなかが空いて鳴いたら、おもちゃで気を紛らわせたり、シーバ1粒で高いところを上り下りさせたりしながら、75g⇒73g⇒70gと、なんとか70gまで減らすことに成功しました。

 

が、食事を減らすごとに、朝起こされる時間が早くなり、「エサくれくれ」アピールは激化。(だいたい4時ごろでひどいと3時ごろも)

 

食事くらいしか楽しみがないであろうモンちゃんに、無理にダイエットさせるのがつらくなり、70g以下にするのをあきらめ、1年経過。

 

そして、

 

f:id:monkox:20180108190055j:plain

「7.6キロ

 

こ、これはマズイ!

 

こうしてモンちゃんは、飼い主の怠慢により完全な肥満猫になってしまったのです・・・。

 

ごめんよモンちゃん。必ず痩せさせるから!長生きしてな!!