ネコダイエット!太った猫を痩せさせるためのフードの選び方や運動

愛猫を肥満に陥らしてしまった飼い主が反省し、ダイエットを成功させようとエサについて調べてみた!ネコの体重減量させるためのキャットフードの選び方と運動。ねこが肥満になるとどんなリスクがあるのかなど。かわいい猫に長生きしてもらうためのブログ

猫だって食事を我慢せず痩せたい!ダイエットさせるためのフード選び

7.6キロまで太らせてしまった愛猫のために、ネットでいろいろ検索しました。

 

f:id:monkox:20180112172306j:plain

猫減量、猫ダイエット、ブタ猫、ライザップ・・・・・

 

そんなこんなで、ようやくヒントをつかみました。

 

猫のダイエットと食事

 ”猫は、高タンパク適度な脂質があることで満足感を得る”

 

実際、減量用のエサは、成長期に与えていたエサにくらべると、見た目から脂っぽさがなく、キャットフード独特の嫌なニオイもほとんどありません。

 

おそらく、脂が少ないからニオイがなかったんだなーと思わず

f:id:monkox:20180112170252p:plain

ガッテン。

 

と言う事で、高タンパク質のキャットフードについてを調べることに。

 

はじめは、値段は高いけれど、モンちゃんのために、高たんぱくのカリカリに変える気満々だったのです。

 

しかし、調べれば調べるほど、口コミやレビューが気になり・・・・

 

モンちゃんが、今食べている(メタボ用)カリカリを気にっているし、飼い主側はニオイが少ないことを気にっているので、なんとかこのフードのままでダイエットしていきたい。

 

モンちゃんが食べているのはコチラ ↑ ピュリナワンのメタボリック用。

 

そこで、今までの減量用カリカリをベースに、ブレンドすることを考えました。

 

タンパク質は乾燥ササミ。

脂質はシーバ。

 

 モンちゃんお気に入りのささみ

 

乾燥ササミ 7g

シーバ 3g

減量用カリカリ 55g

 

計 65g

 結果、

カリカリのみ70gから5g減

でも、モンちゃんは満足し、エサの催促はありません。

 

それならと、さらに減量用を53gにし、63g段階的に減らしてみました。

減らすのは、だいたい3週間たってからにしました。

 

現在は60gですが、エサの催促はありません。

たまに食欲が暴走する日があるようですが・・・それは人間もよくあること。

 

高タンパク適度な脂質満足感を与えているようです。

 

f:id:monkox:20180112173706j:plain

ささみ、カタッ!!

 

体重も順調に減ってきています!!

 

気長にダイエット

 

3年かけて太らせてしまったので、同じ時間かけてダイエットをしようと思います。

急なダイエットは、健康によくないですしね。

 

室内飼いは運動量が少ないと言う事もあるのでしょうし、去勢、猫自身の体質、遺伝も体重に影響していると思います。

 

そうなると、メーカーによる”エサの目安”は鵜呑みにできません。

目安通りなら、モンちゃんは今の倍(120~130g)食べることになりますからね。

 

モンちゃんのように、ダイエット用のフードを食べているのに、どんどん太ってしまう場合、猫の体質や性格を考えながら、少しずつ変えていくことが重要です。

 

ダイエットのポイント

 

・高タンパク、適度な脂質で満足感

・メーカーの目安はあくまで目安。